彼のことを理解して

彼のことを理解して

年齢

30代後半

相手の年齢

30代後半

職業と住んでるところ

富山県 専修学校教員

相手の職業と住んでるところ

石川県 公務員(市役所)

趣味

刺繍

相手の趣味

スイーツ

体験談

私たちはお互いの擦れ違いにより離婚しました。
インターネットの出会い系サイトで知り合い、私の積極的なアプローチにより、付き合うことになりました。
後に結婚することになるのですが、生活環境の違いでどうもうまくいかず、離婚することになりました
その後、彼のことを考えているうちに、もっと理解しておけばよかったと思いました。
その時、復縁したいという思いが生まれました。
元夫とは石川県で過ごし、彼は公務員として地元の市役所で勤務していました。
彼は公務員としてまじめに働いていて、私はそんな彼が好きでした。
現在、私は隣の富山県で専修学校の教員として働いています。
隣県なので、会うことは可能ですが、離婚してからは会うのが気まずいと感じるようになりました。
そこで、探偵事務所や別れさせ屋などいろいろ考え、復縁屋に依頼することにしました。
復縁屋のサポートを受けて、私は彼と復縁することを目標に彼に近づきたいと考えました。
早速復縁工作の準備に取り掛かり、事前調査では夫婦間のすれ違いだというように説明しました。
その後、工作員を彼のもとに送り込み、彼が復縁したいかどうか確認することにしました。
工作員は、彼が勤務する市役所に行き、彼に顔を見せに何度も訪れ、親しくなりました。
何度か会ううちに、工作員が彼に対してプライベートのことを聞くようになりました。そのときに浮気調査も行ってくれていたようです。
そこで彼は、生活環境の違いで離婚したことを言いました。
さらに理由を聞くと、彼自身が仕事で多忙になることから、私と距離を置きたいと考えて、離婚したのだといったのです。
でも、今ではもう一度私と一緒に過ごしたいというのです
彼の話を聞いた私は、思わず涙を流してしまいました。
今でも私のことを思っていて、別れてからも別の女性との付き合いもなく、過ごしてきたのです。
復縁屋のサポートを受け、私は彼に会うためにメールでアプローチを仕掛けました。
後日、メールでやり取りをしているうちに、彼と会うことになりました。
何度か会ううちに彼のことを理解した私は、もう一度彼と一緒に過ごすことを決めたのです。


相手が魅力を感じなくなった?

相手が魅力を感じなくなった?

年齢

30代後半

相手の年齢

20代後半

職業と住んでるところ

東京都 WEB広告代理店社長

相手の職業と住んでるところ

神奈川県 キャバクラスタッフ

趣味

トレッキング

相手の趣味

バンド活動・ボーカル

体験談

5年以上前に、僕たちはインターネットの出会い系サイトを通じて知り合いました。
相手はキャバクラのスタッフだったこともあり、僕が社長として働いていることに興味を持ってくれたことから、付き合うことになりました。
声をかけたのは僕のほうで、彼女はうれしいと言って、流れで付き合いが始まりました。
神奈川にある相手の家に、僕が時々遊びに行ったりしました。
しかし、最初の出会いから5年がたったある日、相手は突然離れていってしまいました。
それでも、僕は相手のことを忘れられませんでした。
僕に異性としての魅力を感じなくなったのだとそう思いました。
相手に対して、特にいやなことをした覚えはなく、何でこんなことになったのかよくわかりません。
それでも、復縁したいという思いはありますが、誰にも相談できずにいました
後に、別れさせ屋や探偵事務所を考えていたところ、復縁工作をしてくれるというところがあると聞き、そこで相談をすることになりました。
復縁工作において、まずこれまでの経緯や別れてしまった時のことなど、これまでのことをすべて話しました。
そして、相手のところに工作員を送り、実際に浮気調査などの身辺調査をしてもらうことになりました。
工作員と相手は仲良くなり、いろんな話ができるようになりました。
そこで、なぜ別れてしまったのかを聞くことができました。
その原因は、相手が浮気したということだったのです。
僕以外に好きな人がいたようで、その人と会うことが多くなったことから、そうなったのだと感じました。
しかし、現在相手はその人と会っていないということなのです。
その後、僕のほうから相手にメールを送りました。
内容は久しぶりに会うかどうかです。
すぐに返信が来て、その内容は「じゃあ、どこで会う?」というようなものでした。
復縁屋のサポートを受けながら、その後のやり取りを経て、久しぶりに相手と会うことができました。
そこから、何度もデートをするようになり、一緒に食事や買い物もしました。
そして、僕たちはもう一度付き合うことにしたのです。


ケンカして別れた妻と会いたい

ケンカして別れた妻と会いたい

年齢

30代後半

相手の年齢

30代後半

職業と住んでるところ

新潟県 医者(勤務医・小児内科)

相手の職業と住んでるところ

富山県 出版・ライティング業

趣味

合コン・飲み会参加

相手の趣味

辺境の温泉巡り

体験談

僕たちは半年前に離婚し、それぞれ離れて生活をしていました。
僕は新潟県、相手は隣の富山県に現在住んでいます。
9年以上前に友人の紹介で知り合い、デートを数回重ねていくうちに、相手から告白を受けました。
そして付き合うことになり、結婚したのです
結婚してしばらくたつと、ケンカが絶えなくなってしまい、離婚することになりました
それまで、僕は医師として働き、彼女を支えてきました。
離婚後、彼女は富山で出版・ライティング業をやっているようです。
隣県なので会いたいという気持ちはありますが、なかなか会えずにいます。
探偵事務所に浮気調査をしてもらうことで近況を探ることも考えました。
僕のどんなところが嫌でケンカになってしまうのか、自分でもわかりませんでした。
彼女と復縁したいと思い、別れさせ屋復縁屋に相談しに行きました。
彼女の本音を聞きたいと思い、彼女のもとに工作員を送り込み、復縁工作を行うことにしました。
さっそく、工作員が彼女の友人となって、彼女と話をする機会を作りました。
工作員の話によると、彼女が僕と離婚した理由として、ケンカが絶えなかったことを1番の理由に挙げていました。
どうしてケンカをしてしまったのか、工作員がその理由を聞き出しました。
すると、彼女は僕に対して、異性としての魅力を感じられなくなったことを言い出したのです。
しかし、後に離れ離れで生活をしていると、僕を異性として魅力を再び感じるようになったのだというのです。
彼女には、今付き合っている男性はいないということなので、これは復縁のいいきっかけになると思いました。
彼女も、僕と居なくなって寂しい思いをしていることを知りました。
そこで、僕は久しぶりに彼女に連絡をすることにし、後日電話をすることにしました
久しぶりに声を聞いたとき、お互いに会いたいという気持ちになりました。
後日、彼女のいる富山に行き、久しぶりに再会しました。
それから、何度か会うようになり、彼女が新潟の僕の家に一緒に住むことになったのです。
しばらくして、僕たちは再び籍を入れました。


夫ともう一度一緒に暮らしたい

夫ともう一度一緒に暮らしたい

年齢

30代後半

相手の年齢

30代前半

職業と住んでるところ

福井県 専業主婦スーパーパート

相手の職業と住んでるところ

福井県 弁理士

趣味

カフェ巡り(日本中)

相手の趣味

カフェ巡り(日本中)

体験談

私たちは7年以上前に出会い、結婚しました
お互い共通の趣味を持っていたことから、気が合うと思い付き合い始めたのです。
2人そろってカフェ巡りが趣味だったことから、日本中のカフェを一緒に行くこともありました。
結婚してからは、2人の子供を授かりました。
ある日、夫が私たちのもとから離れ、別居することになりました。
弁理士として働く夫は、私たちの生活を支えてくれる大事な人だったので、いなくなると寂しくなり、不安な日々を過ごすようになったのです。
子供もいるので、今後のことを考えて離婚をしたくないので、できるだけ早く復縁したいと思いました。
別居している夫の気持ちを知りたいと思っても、どうやって知ることができるのかわかりませんでした。探偵事務所に浮気調査を依頼しようとも考えましたが、友人の紹介で復縁屋・別れさせ屋があることを知り、そこで相談をすることにしました
復縁屋に依頼することで、夫の気持ちを知ることができ、復縁ができるということで早速依頼しました。
夫の気持ちを知るために復縁工作が行われました。
復縁工作では、夫が働く事務所に工作員が訪れ、夫と親しくなることで、プライベートのことを聞き出そうというものです。早速、夫の事務所に工作員が現れ、その人に夫が対応するようになります。
いろいろとやり取りをしていくうちに、プライベートのことを聞くことができるような環境になりました。
夫の話によると、別居した理由は交際が精神的に負担になったというのです。
そして、私のことを異性としての魅力を感じなくなったというのです。
やっぱり私がいけなかったのか、そう感じるようになり、夫とよりを戻したいと感じました。
後日、彼の携帯電話にメールを送り、家に帰ってきてほしいと伝えました。
その後、夫が私たちのところに帰ってきました。
その時に夫から私の何がいけなかったのかを聞き、それをどう乗り越えていくかを一緒に話し合いました。
夫はもう離れて暮らさないと、お互いに反省し、また一緒に暮らすことにしました。
この後、今まで以上に仲良くなり、楽しい日々を過ごしています。


別居中の妻に2度目のプロポーズ

別居中の妻に2度目のプロポーズ

年齢

30代後半

相手の年齢

30代前半

職業と住んでるところ

山梨県 辺境の温泉巡り

相手の職業と住んでるところ

山梨県 ワイン収集

趣味

大学講師

相手の趣味

ネイルサロン店長

体験談

まだ離婚はしていませんが、妻と別居中です。
自分は37歳で妻は30歳、子供はいませんが、子供が欲しいと考えています。
このままの状態が続けば離婚する事になってしまうという焦りはありましたが、どうすれば復縁する事が出来るのか分からずいろいろと調べた結果、別れさせ屋探偵事務所ではなく復縁屋に依頼する事にしました。
考えてみれば妻との付き合いは友達の紹介で、告白も妻からしてくれましたし、お互いに趣味も全く異なるためにデートらしいデートもほとんどしませんでした。
そしてそろそろお互いに結婚適齢期だし、そんな気持ちで結婚をしてしまったのも事実です。
結婚後はとにかく仕事が忙しくてすれ違いの毎日でした。
その間に妻の気持ちが離れてしまったのかもしれません。
気づけば妻が浮気をし、そのまま家を出て行ってしまったのです。
失ってようやく妻が本当に大切な存在だった事に気づけました。
復縁屋でカウンセリングを行い、真剣に復縁したいのかと何度も確認されました。
確かに復縁したいと考えるのは自分のワガママかもしれません。
しかし仕事ばかりで妻に何もしてやれずに寂しい思いをさせた事が妻を浮気に走らせたのだとしたら浮気は自分の責任で妻は悪くないと思っていて、もう一度やり直すチャンスをもらえたら今度こそ幸せな結婚生活を送れるように努力したいと思ってます。
復縁工作で別居中の妻がどんな生活を送っているのか、浮気相手とはまだ続いているのかを浮気調査してもらいました
浮気相手とは別れたいたので自分的にはすぐにでも話し合いたいと思ったのですが、工作員の人にまずは妻ののあなたに対する気持ちを確認してから行動した方がいい、最初のタイミングが重要だからと言われて軽率な行動をせずにすみました。
そして妻にも結婚生活をやり直したいという気持ちがある事が分かり、今度は同じ失敗を繰り返さないように仕事をセーブして家庭を大事にしたい、もう一度一緒に暮らしたいとプロポーズしました。
自分的には1度目のプロポーズよりも2回目のプロポーズの方が緊張しましたが、復縁屋のおかげで自分の気持ちを素直に妻に伝えられ復縁する事が出来ました。